柏木由紀 x RAVIJOUR スペシャルコラボランジェリー

プロジェクト「Upgrade(アップグレード)」2018年アンバサダー柏木由紀
×
RAVIJOUR
スペシャルコラボランジェリー

柏木由紀さんとラヴィジュール がタッグを組んだスペシャルなランジェリーが、ついにお披露目!
コラボレーションのニュースが発表された直後からレポートしてきた
彼女自身の意気込みやデザインにまつわるこだわりが、いよいよ形になりました。
完成したランジェリーは、その名も“スウィートブラックグラマーアップ”。

【公式オンラインストア】10/11(木) 12:00販売開始
【全国直営店】10/12(金) 販売開始

スウィートブラックグラマーアップ

ビター&セクシーが共存するフェミニティを漂わせて

バストをなぞるように配されたブラックレースのスカラップ、ツヤのある配色サテンで切り替えたワイヤー部分のアクセントが、ちょっぴりビターな大人可愛さを演出。ボトムのフロントは両脇に華奢なサテンリボンを配し、中心からウエストにかけてV字を描くマカロニゴムでセクシーに。バックスタイルは、上辺に添うように配されたマカロニゴムとトライアングル型のホールを施したカッティングで、大胆不敵な色気を放つデザインに。

Novelty Present
公式オンラインストア限定
コラボランジェリー購入特典

コラボランジェリー「スウィートブラックグラマーアップ 単品ブラ」を公式オンラインストアにてご購入のお客様に、柏木由紀さんサイン入りブック“スペシャルエディション”をプレゼント。
※商品がなくなり次第終了とさせていただきます

【ノベルティプレゼントについて】
ノベルティをご希望の方は「スウィートブラックグラマーアップ 単品ブラ」をカートに投入後、カート画面にて「柏木由紀スタイルブック」の[追加する]ボタンを押してカートに追加してください。

Upgrade YUKI KASHIWAGI

ー「カワイイけれど大人っぽい。そんなバランスを目指しました」という柏木さんの言葉通り、艶めくサテン生地にブラックレースを重ねた、大人っぽいコンビネーション。全3種のカラーバリエーションについて聞いてみると、

「10代の頃からずっと好きなピンクは外せないと思いました。でも、今選ぶならちょっとスモーキーなトーンの落ち着いたピンクが気分だったんです。それからボルドーは、ここ最近プライベートで選ぶランジェリーでも多い色。大人になってきたからこそ心惹かれる色なんです。それは、モカについても言えること。グレイッシュな感じの色味が、シックで素敵だなと思うんです。レースの黒とのバランスを見て、この3色をセレクトしました」

ーこだわりポイントは、ディテールにも数々。ブラやショーツのコード使い、レースの透け感がキレイなショーツのバックスタイルなどが、ロマンティックな雰囲気とセクシーさの両方をアピール。そして何より、注目は柏木さんらしさ満点のリボン飾り。ブラにもショーツにも、印象的にあしらわれています。

「個人的にすごく気に入っているのが、背中にある大きめのリボン。ホックが隠れるようにデザインしてあるんです。というのも、ブラってフロントは可愛いけれど、後ろ姿は現実的だったりしますよね。だから、バックスタイルにも思わずときめくデザインにしたかったんです。きっと手に取ってくださる皆さんにも、気に入っていただけるはずです!」

ー柏木さんも大満足の仕上がりとなったデザインもさることながら、機能面ではラヴィジュール の大定番ブラタイプ“グラマーアップ ”がしっかりハイスペックで美バストを叶えてくれる!計算されたカッティングや構造が、胸の形やボディラインをキレイに見せ、長時間着けていても安定感抜群です。待望のリリースは、10月12日(木)12時より公式オンラインストア、10月12日より全国直営店にて販売開始。争奪戦必至の限定商品だから、いち早くチェックするのが正解!

柏木由紀|かしわぎゆき
1991年7月15日生まれ。血液型B型。
鹿児島県出身。ワタナベエンターテインメント所属。
AKB48チームBならびに姉妹グループであるNGT48チームNIIIメンバー。

NHK大河ドラマ「西郷どん」に西郷園役としての出演を発表、現役アイドルとしては初となるジュニア小説「アイドル誕生!~こんな私がAKB48に!?~」の出版、自身初の中国ライブツアー「YUKIRIN WORLD LIVE IN ASIA 2018~寝ても覚めてもゆきりんワールド アジア縦断み〜んな夢中にさせちゃうぞっ♡~」の開催と、2018年、様々なソロ活動を積極的に行っている。
4月にはラヴィジュールの「女の子」から「大人の女性」への成長をテーマとしたプロジェクト「Upgrade(アップグレード)」のアンバサダーに就任。アイドルとしてだけではなく、大人の女性として生きる27歳のメッセージを新たな魅力として惹き出している。

ページトップ